Edu-Lab Meeting

【参加者募集】Edu-Lab Meeting「フォーマルとインフォーマルを架橋する学習環境のデザイン」

2017年7月21日に、Edu-Lab Meeting「フォーマルとインフォーマルを架橋する学習環境のデザイン」を福岡で開催します!!

Edu-Lab Meetingは、学びにあふれた社会をめざし、フォーマル学習/インフォーマル学習を架橋する実践/研究について議論する研究会です。どなたでも参加いただけます。ふるってご参加ください。

ーーー

◆話題提供1:「デジタルネイティブ世代の特徴と学習環境のデザイン」(村上正行:京都外国語大学外国語学部教授

◆話題提供2:「授業とワークショップ、その学習環境デザインを俯瞰してみる」(森玲奈:帝京大学学修・研究支援センター講師)

◆開催日時:2017年7月21日(金)18時30分〜20時30分

◆開催場所:福岡市立舞鶴小中学校 1F 大会議室(お間違えのないように!)

福岡市中央区舞鶴2丁目6-1 

http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/jhmaizur/access.html

◆参加費:1000円

◆話題提供者プロフィール

村上正行(むらかみ・まさゆき)京都外国語大学外国語学部教授。専門は教育工学、大学教育学。博士(情報学)。京都大学総合人間学部卒業、京都大学大学院情報学研究科博士後期課程指導認定退学。2002年京都外国語大学外国語学部講師、マルチメディア教育研究センター准教授などを経て、現職。 大学教育におけるICTを活用した教育、教育データ分析、FDに関する研究に従事。日本教育工学会理事・SIG委員長、教育システム情報学会社員など。 主な論文として「大学教育・FDに関する研究における教育工学の役割」(日本教育工学会論文誌、Vol.36、No.3)、「映像シーンを用いた授業要約作成システムを活用した大学授業の実践と評価」(日本教育工学会論文誌Vol.34,No.3)など。

森玲奈(もり・れいな):帝京大学学修・研究支援センター講師。博士(学際情報学)。学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、ワークショップ・カフェイベント・プロジェクト型学習の研究を中心に、生涯学習に関する研究と実践を続けている。2008年度日本教育工学会研究奨励賞受賞、2010年度日本教育工学会論文賞受賞。主な著作に『ワークショップデザインにおける熟達と実践者の育成』(単著、ひつじ書房)、『ラーニングフルエイジング:超高齢社会における学びの可能性』(共著、ミネルヴァ書房)、『ワークショップデザイン論—創ることで学ぶ—』(共著、慶應義塾大学出版会)などがある。個人HP:http://harinezuminomori.net/

◆申し込み方法

こちらのフォームからお申込みください。 

https://goo.gl/RcLhVZ

◆企画:吉次恵美(北九州市立大学)+森玲奈(帝京大学)+村上正行(京都外国語大学)

150708teikyo018


【参加者募集】Edu-Lab Meeting「新しい大学教育を創る試み」

2017年4月14日に、Edu-Lab Meeting「新しい大学教育を創る試み」を開催します!!

 

Edu-Lab Meetingは、学びにあふれた社会をめざし、フォーマル学習/インフォーマル学習を架橋する実践/研究について議論する研究会です。どなたでも参加いただけます。参加費無料です。ふるってご参加ください。

 

◆話題提供1:「大学教員養成プログラムの意義と可能性:大阪大学の取り組みを例に」(根岸千悠:大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部特任助教)

 

◆話題提供2:「大学生の参画意識を促す講義と評価のデザイン:プレゼンテーション教育の事例に着眼して」(森玲奈:帝京大学総合教育センター講師)

 

◆開催日時:2017年4月14日(金)18時30分〜20時30分

 

◆開催場所:京都外国語大学 1号館 152教室 

 

◆ゲストプロフィール

根岸千悠

大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部特任助教。専門は教育学、教師教育学。千葉大学大学院人文社会科学研究科公共研究専攻単位修得退学。2013年大阪大学教育学習支援センター特任研究員になり、2016年大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部特任研究員を経て2017年4月から現職。大学教育に関する著書に『大学のFD > Q&A』(分担執筆)、論文に「自身の授業を振り返るFDワークショップの実践─大阪大学コースデザインワークショップの取り組み─」『大阪大学高等教育研究』第3巻(共著)など。

 

森玲奈

帝京大学総合教育センター講師。東京大学大学院情報学環客員研究員。博士(学際情報学)。東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。東京大学大学院情報学環特任助教、帝京大学高等教育開発センター講師を経て現職。学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、生涯学習に関する研究と実践を続けている。2008年度日本教育工学会研究奨励賞受賞。2010年度日本教育工学会論文賞受賞。NPO法人 Educe Technologies理事。主な著書に『ワークショップデザインにおける熟達と実践者の育成』(単著、ひつじ書房)、『「ラーニングフルエイジング」とは何か:超高齢社会における学びの可能性』(編著、ミネルヴァ書房)、『ワークショップデザイン論:創ることで学ぶ』(共著、慶應義塾大学出版会)、などがある。

個人HP:http://www.harinezuminomori.net/

 

◆申し込み方法

 

・氏名

 

・所属

 

・連絡先

 

・どこで情報を入手されたか

 

を、件名「Edu-Lab Meeting 申し込み」として下記アドレスにお送りください。

 

edulab.meeting【アット】gmail.com

 

(【アット】を@に変換して送信してください。)

 

◆企画:森玲奈(帝京大学)+村上正行(京都外国語大学)

【参加者募集】Edu-Lab Meeting「大学という職場での学び:教授者として、あるいは研究者として」

2017年3月13日に、Edu-Lab Meeting「大学という職場での学び:教授者として、あるいは研究者として」を開催します!!

Edu-Lab Meetingは、学びにあふれた社会をめざし、フォーマル学習/インフォーマル学習を架橋する実践/研究について議論する研究会です。どなたでも参加いただけます。参加費無料です。ふるってご参加ください。

ーーー

◆話題提供1:「大学教育における教員の省察プロセスのモデル化:授業デザインの持続可能な発展を目指して」(大山牧子:大阪大学全学教育推進機構助教)

◆話題提供2:「トランスファラブルスキル向上を目的としたワークショップの試行:サービスデザインを取り入れた周辺の環境設定について」(仲野安紗:京都大学学術研究支援室URA)

◆開催日時:2017年3月13日(月)18時30分〜20時30分

◆開催場所:京都外国語大学 1号館 142教室 

◆ゲストプロフィール
●大山牧子
大阪大学全学教育推進機構助教。専門は教育工学、大学教育学。京都大学大学院教育学研究科博士課程学修認定退学(2014年 3月)。日本学術振興会特別研究員(DC2)を経て、2014年1月より大阪大学教育学習支援センター特任助教、2016年4月より大阪大学全学教育推進機構 特任助教から2016年10月より現職。大学における授業研究、FDやプレFDのプログラム開発に従事。主な論文に、「大学におけるコース間の接続に基づく教員の省察を促すためのeポートフォリオの活用」(教育システム情報学会誌2014年)、「大学におけるグループ学習の類型化 ―アクティブ・ラーニング型授業のコースデザインへの示唆―」(日本教育工学会2013年)等がある。

●仲野安紗
京都大学学術研究支援室URA。一級建築士。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程在学中の2003年より文化庁新進芸術家在外派遣研修員としてスペインの設計事務所に在籍、マドリッドを拠点に活動。経済危機を機に2010年、帰国。物・事・人の関係性をデザイン実践により明確化することで、物事の価値や人のやる気を上げることを目指す。NPO法人ドリフターズインターナショナル理事。

◆申し込み方法

・氏名

・所属

・連絡先

・どこで情報を入手されたか

を、件名「Edu-Lab Meeting 申し込み」として下記アドレスにお送りください。

edulab.meeting【アット】gmail.com

(【アット】を@に変換して送信してください。)

◆企画:森玲奈(帝京大学)+村上正行(京都外国語大学)

1 / 212