【8月25日福岡開催】研究会「学びとアクションが生まれる『場』を考える:『地域デザインの学校』を事例として

今回、森玲奈は福岡にて、研究会で話題提供することになりました。

実は今まで、私は、ワークショップ実践の系譜やそれを支える思想について論文・本を書いてはきましたが、きちんと話す機会を多くは持ってきませんでした。ワークショップについて話してほしいと言われた際、まずリクエストされるのは「デザインのしかた」であり、その次によく聞かれるのが「評価のしかた」です。

しかし、個々のワークショップを「これまで」に位置づけた上で、「これから」を捉えていくことが重要なのではないかと、私は常々思っています。そして、これこそが、評価の本質であるとも思うのです。

今回は、NPOドネルモ主催にて福岡各地で行われてきた「地域デザインの学校」というプロジェクトを事例とします。それは「これまで」とどのような関連を持ち、「これから」どのような展開がありうるのか、できるだけ具体に寄り添ってお話してみたいと思います。事例を通じて、こういった活動の可能性と評価方法についても実践的な議論ができればと楽しみにしております。告知期間は短くなっておりますが、関心のある方はどうぞお越しください。

■日時 2017年8月25日(金)19時~21時
■場所 福岡市内(後日、ご連絡いたします)
■参加方法 参加費は無料です。申し込みアドレスができるまでは、件名「8月25日研究会申し込み」とし、お名前、連絡先、ご所属、どこで情報を入手されたかをご記入の上、下記URL(Contact)から送信してください。追って会場詳細ご案内をいたします。

http://harinezuminomori.net/contact

■内容
①はじめに:趣旨説明
②話題提供
・ドネルモから:「地域デザインの学校」と手法
・森から:ワークショップのこれまでとこれから
     「地域デザインの学校」の位置づけ
③来場者との対話
・「地域デザインの学校」卒業生や活動者から
・会場からの質疑応答

【ゲストプロフィール】
森玲奈(もり・れいな)
帝京大学学修・研究支援センター講師。博士(学際情報学)。学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、ワークショップ・カフェイベント・プロジェクト型学習の研究を中心に、生涯学習に関する研究と実践を続けている。2008年度日本教育工学会研究奨励賞受賞、2010年度日本教育工学会論文賞受賞。主な著作に『ワークショップデザインにおける熟達と実践者の育成』(単著、ひつじ書房)、『ラーニングフルエイジング:超高齢社会における学びの可能性』(共著、ミネルヴァ書房)、『ワークショップデザイン論—創ることで学ぶ—』(共著、慶應義塾大学出版会)などがある。個人HP:http://harinezuminomori.net/

【主催】
NPO法人ドネルモ
http://donnerlemot.com/

【8/30開催|参加者募集】Edu-Lab Meeting「プロジェクト型学習と役割意識」

2017年8月30日に、Edu-Lab Meeting「プロジェクト型学習と役割意識」を東京で開催します!!

Edu-Lab Meetingは、学びにあふれた社会をめざし、フォーマル学習/インフォーマル学習を架橋する実践/研究について議論する研究会です。どなたでも参加いただけます。ふるってご参加ください。

ーーー

◆話題提供1:「大学教育におけるSA制度の可能性:立教大学経営学部の取り組みと研究事例の報告」(舘野泰一:立教大学経営学部助教)

◆話題提供2:「プロジェクト活動において、自分自身の役割を見出すプロセスとその支援」(青木翔子:NPO法人PIECES 理事/株式会社MimicryDesign リサーチャー )

◆開催日時:2017年8月30日(水)18時30分〜20時30分

◆開催場所:ハーフハーフ(お間違えのないように!)

〒112-0002 東京都文京区小石川2-5-7
佐佐木ビル B棟4F ハーフハーフ
春日駅徒歩5分・後楽園駅徒歩5分 中央大学方面

https://halfhalf.co/access/

◆参加費:無料

◆話題提供者プロフィール

舘野泰一(たての・よしかず):1983年生まれ。立教大学経営学部助教。青山学院大学文学部教育学科卒業。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学後、東京大学大学総合教育研究センター特任研究員を経て、現職。博士(学際情報学)。大学と企業を架橋した人材の育成に関する研究をしている。具体的な研究として、リーダーシップ開発、越境学習、ワークショップ、トランジション調査などを行っている。現在は、立教大学経営学部BLPにて、SAの育成・活用や授業の設計を担当している。近著に『アクティブトランジションー働くためのウォーミングアップ』(共編著、三省堂)、『人材開発研究大全』(共著、東京大学出版会)等がある。
Web:http://www.tate-lab.net/mt/

青木翔子(あおき・しょうこ):東京大学大学院学際情報学府修士課程修了(学際情報学)。貧困や虐待、不登校など様々な背景を持つ子どもたちのサポートを行うNPO法人PIECES理事。自身がシングルマザー家庭に育ったことから、教育格差を肌身で感じ格差問題に関心を持ち、どんな子も尊重される社会を目指して研究・実践を続けている。大学院では、学習環境デザインを専攻し、居場所と学習が共存する場として、学校外で中高生が趣味を媒介として大人とともに学ぶ空間(テクノロジークラブ)について調査を行なう。PIECESでも同様の場を立ち上げる。また、子どもに関わる大人(市民)の育成プログラムの設計などを行なっている。

◆申し込み方法

氏名、所属、連絡先(e-mail推奨)、どこで情報を入手されたか、を、件名「Edu-Lab Meeting 申し込み」として下記アドレスにお送りください。

edulab.meeting【アット】gmail.com  (【アット】を@に変換して送信してください。)

◆企画:森玲奈(帝京大学)+村上正行(京都外国語大学)

141029kokuyo099

【参加者募集】Edu-Lab Meeting「フォーマルとインフォーマルを架橋する学習環境のデザイン」

2017年7月21日に、Edu-Lab Meeting「フォーマルとインフォーマルを架橋する学習環境のデザイン」を福岡で開催します!!

Edu-Lab Meetingは、学びにあふれた社会をめざし、フォーマル学習/インフォーマル学習を架橋する実践/研究について議論する研究会です。どなたでも参加いただけます。ふるってご参加ください。

ーーー

◆話題提供1:「デジタルネイティブ世代の特徴と学習環境のデザイン」(村上正行:京都外国語大学外国語学部教授

◆話題提供2:「授業とワークショップ、その学習環境デザインを俯瞰してみる」(森玲奈:帝京大学学修・研究支援センター講師)

◆開催日時:2017年7月21日(金)18時30分〜20時30分

◆開催場所:福岡市立舞鶴小中学校 1F 大会議室(お間違えのないように!)

福岡市中央区舞鶴2丁目6-1 

http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/jhmaizur/access.html

◆参加費:1000円

◆話題提供者プロフィール

村上正行(むらかみ・まさゆき)京都外国語大学外国語学部教授。専門は教育工学、大学教育学。博士(情報学)。京都大学総合人間学部卒業、京都大学大学院情報学研究科博士後期課程指導認定退学。2002年京都外国語大学外国語学部講師、マルチメディア教育研究センター准教授などを経て、現職。 大学教育におけるICTを活用した教育、教育データ分析、FDに関する研究に従事。日本教育工学会理事・SIG委員長、教育システム情報学会社員など。 主な論文として「大学教育・FDに関する研究における教育工学の役割」(日本教育工学会論文誌、Vol.36、No.3)、「映像シーンを用いた授業要約作成システムを活用した大学授業の実践と評価」(日本教育工学会論文誌Vol.34,No.3)など。

森玲奈(もり・れいな):帝京大学学修・研究支援センター講師。博士(学際情報学)。学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、ワークショップ・カフェイベント・プロジェクト型学習の研究を中心に、生涯学習に関する研究と実践を続けている。2008年度日本教育工学会研究奨励賞受賞、2010年度日本教育工学会論文賞受賞。主な著作に『ワークショップデザインにおける熟達と実践者の育成』(単著、ひつじ書房)、『ラーニングフルエイジング:超高齢社会における学びの可能性』(共著、ミネルヴァ書房)、『ワークショップデザイン論—創ることで学ぶ—』(共著、慶應義塾大学出版会)などがある。個人HP:http://harinezuminomori.net/

◆申し込み方法

こちらのフォームからお申込みください。 

https://goo.gl/RcLhVZ

◆企画:吉次恵美(北九州市立大学)+森玲奈(帝京大学)+村上正行(京都外国語大学)

150708teikyo018


1 / 912345...»