【参加者募集】Edu-Lab Meeting「フォーマルとインフォーマルを架橋する学習環境のデザイン」

2017年7月21日に、Edu-Lab Meeting「フォーマルとインフォーマルを架橋する学習環境のデザイン」を福岡で開催します!!

Edu-Lab Meetingは、学びにあふれた社会をめざし、フォーマル学習/インフォーマル学習を架橋する実践/研究について議論する研究会です。どなたでも参加いただけます。ふるってご参加ください。

ーーー

◆話題提供1:「デジタルネイティブ世代の特徴と学習環境のデザイン」(村上正行:京都外国語大学外国語学部教授

◆話題提供2:「授業とワークショップ、その学習環境デザインを俯瞰してみる」(森玲奈:帝京大学学修・研究支援センター講師)

◆開催日時:2017年7月21日(金)18時30分〜20時30分

◆開催場所:福岡市立舞鶴小中学校 1F 大会議室(お間違えのないように!)

福岡市中央区舞鶴2丁目6-1 

http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/jhmaizur/access.html

◆参加費:1000円

◆話題提供者プロフィール

村上正行(むらかみ・まさゆき)京都外国語大学外国語学部教授。専門は教育工学、大学教育学。博士(情報学)。京都大学総合人間学部卒業、京都大学大学院情報学研究科博士後期課程指導認定退学。2002年京都外国語大学外国語学部講師、マルチメディア教育研究センター准教授などを経て、現職。 大学教育におけるICTを活用した教育、教育データ分析、FDに関する研究に従事。日本教育工学会理事・SIG委員長、教育システム情報学会社員など。 主な論文として「大学教育・FDに関する研究における教育工学の役割」(日本教育工学会論文誌、Vol.36、No.3)、「映像シーンを用いた授業要約作成システムを活用した大学授業の実践と評価」(日本教育工学会論文誌Vol.34,No.3)など。

森玲奈(もり・れいな):帝京大学学修・研究支援センター講師。博士(学際情報学)。学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、ワークショップ・カフェイベント・プロジェクト型学習の研究を中心に、生涯学習に関する研究と実践を続けている。2008年度日本教育工学会研究奨励賞受賞、2010年度日本教育工学会論文賞受賞。主な著作に『ワークショップデザインにおける熟達と実践者の育成』(単著、ひつじ書房)、『ラーニングフルエイジング:超高齢社会における学びの可能性』(共著、ミネルヴァ書房)、『ワークショップデザイン論—創ることで学ぶ—』(共著、慶應義塾大学出版会)などがある。個人HP:http://harinezuminomori.net/

◆申し込み方法

こちらのフォームからお申込みください。 

https://goo.gl/RcLhVZ

◆企画:吉次恵美(北九州市立大学)+森玲奈(帝京大学)+村上正行(京都外国語大学)

150708teikyo018