ワークショップ

【8月25日福岡開催】研究会「学びとアクションが生まれる『場』を考える:『地域デザインの学校』を事例として

今回、森玲奈は福岡にて、研究会で話題提供することになりました。

実は今まで、私は、ワークショップ実践の系譜やそれを支える思想について論文・本を書いてはきましたが、きちんと話す機会を多くは持ってきませんでした。ワークショップについて話してほしいと言われた際、まずリクエストされるのは「デザインのしかた」であり、その次によく聞かれるのが「評価のしかた」です。

しかし、個々のワークショップを「これまで」に位置づけた上で、「これから」を捉えていくことが重要なのではないかと、私は常々思っています。そして、これこそが、評価の本質であるとも思うのです。

今回は、NPOドネルモ主催にて福岡各地で行われてきた「地域デザインの学校」というプロジェクトを事例とします。それは「これまで」とどのような関連を持ち、「これから」どのような展開がありうるのか、できるだけ具体に寄り添ってお話してみたいと思います。事例を通じて、こういった活動の可能性と評価方法についても実践的な議論ができればと楽しみにしております。告知期間は短くなっておりますが、関心のある方はどうぞお越しください。

■日時 2017年8月25日(金)19時~21時
■場所 福岡市内(後日、ご連絡いたします)
■参加方法 参加費は無料です。申し込みアドレスができるまでは、件名「8月25日研究会申し込み」とし、お名前、連絡先、ご所属、どこで情報を入手されたかをご記入の上、下記URL(Contact)から送信してください。追って会場詳細ご案内をいたします。

Contact

■内容
①はじめに:趣旨説明
②話題提供
・ドネルモから:「地域デザインの学校」と手法
・森から:ワークショップのこれまでとこれから
     「地域デザインの学校」の位置づけ
③来場者との対話
・「地域デザインの学校」卒業生や活動者から
・会場からの質疑応答

【ゲストプロフィール】
森玲奈(もり・れいな)
帝京大学学修・研究支援センター講師。博士(学際情報学)。学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、ワークショップ・カフェイベント・プロジェクト型学習の研究を中心に、生涯学習に関する研究と実践を続けている。2008年度日本教育工学会研究奨励賞受賞、2010年度日本教育工学会論文賞受賞。主な著作に『ワークショップデザインにおける熟達と実践者の育成』(単著、ひつじ書房)、『ラーニングフルエイジング:超高齢社会における学びの可能性』(共著、ミネルヴァ書房)、『ワークショップデザイン論—創ることで学ぶ—』(共著、慶應義塾大学出版会)などがある。個人HP:http://harinezuminomori.net/

【主催】
NPO法人ドネルモ
http://donnerlemot.com/

【9/2開催|参加者募集】 Educe Cafe 「子どもたちとアーティストが移動してひらく社会」

IMG_6616

 

今回のEduce Cafeでは、アーティストの中島佑太さんをゲストにお招きします。

中島さんは、群馬県前橋市にある私立幼稚園を活動拠点の1つにし、ワークショップを通じて社会とアートをつないで来られました。今回は、5年間に渡る幼稚園での実践で、幼稚園児、アーティスト、先生、保護者それぞれがどのように変化したのか、そしてそこからどのような新しい展開が生まれてきたのか、アーティストの視点からお聞きします。
飲み物を片手に、皆様と一緒に楽しく学ぶ場にしたいと考えています。
お気軽にご参加ください。

■ゲスト
中島 佑太(NAKAJIMA Yuta)
アーティスト。1985年群馬県出身。2008年東京芸術大学美術学部卒業。
どこか遠くの国で起こっているように見える社会の問題や課題を、家庭などの身近な環境に重ね、合意形成を目指す遊びに置き換えてみるワークショップを展開している。大学在学中に地域アートプロジェクトに触れる。以後、社会とアートのつなぎ目としてのワークショップを独学で探求する。子どもを通して見る社会の課題や、アーティストの社会的役割の拡張に関心を持つ。近年は、私立幼稚園(前橋)を活動拠点の1つにし、子どもたちと遊んだり蹴られたり移動したりする活動もしながら、国内外でアートプロジェクトやワークショップを企画・実施している。活動モットーは「1人でやらない」。
HP:http://nakajimayuta.net/
中島佑太のワークショップ:https://www.facebook.com/joyfulnakajima

■ホスト
森玲奈(MORI Reina)
帝京大学高等教育開発センター講師。博士(学際情報学)。
学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、生涯学習に関する研究と実践を続けている。単著『ワークショップデザインにおける熟達と実践者の育成』(単著/ひつじ書房)、共著『ワークショップデザイン論:創ることで学ぶ』(慶應義塾大学出版会)などがある。2008年度日本教育工学会研究奨励賞受賞。2010年度日本教育工学会論文賞受賞。NPO法人 Educe Technologies理事。
HP:http://www.harinezuminomori.net/
<ラーニングフルエイジング>プロジェクト:http://learningful-ageing.jp/

■日時:2016年9月2日(金) 18時~20時

■場所:東京大学 情報学環・福武ホール スタジオ1

http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access.html

都営大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩7分 東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅 徒歩8分

東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩20分 東京メトロ南北線 東大前駅 徒歩10分

■定員:20名

■参加費:2000円(飲み物と軽食こみ)

※学生の皆様へ・・

今回、学生会費は設けておりませんが、ボランティアスタッフを数名募集しております。その場合、事前の会場設営等、簡単なお仕事をしていただきますが、参加費無料になります。スタッフには人数制限がございますので、「スタッフ希望」と明記の上、ご連絡ください。

■ 参加方法: 下記フォームに必要事項をお書き込みいただき

educecafe【アットマーク】gmail.com

(お手数ですが【アットマーク】を@に変換お願いいたします)

までメールにてご連絡ください。

〆ココカラ=======================================

参加申し込みフォーム

educecafe【アットマーク】gmail.comまで 8月25日(木)までにお申し込み下さい

人数が多数の場合は先着順とさせていただきます。

Educe Cafe (9/2) に申し込みます。

氏名:

フリガナ:

所属:

メールアドレス:

この情報をお知りになったきっかけ:

ご興味をもたれた理由などありましたらお願いします:

〆ココマデ======================================

■主催

NPO法人 Educe Technologies

■企画

帝京大学高等教育開発センター講師 森玲奈

【8/25・26 開催|参加者募集】 日本語教育学会 夏季集中研修「ワークショップデザイン入門 -自立した企画者になるために-」

 「ワークショップ」は参加体験型学習の一手法として注目され、近年、多様な教育現場や研修で実施されています。自分の教育実践において、学びをよりアクティブに、より深いものにするために、ワークショップの技法を取り入れたいと思っている方、あるいは、効果的なワークショップのデザインについて学びたいと思っている方も多いのではないでしょうか。本研修では、「ワークショップ入門」と題して、2日間でワークショップの企画立案を行います。本研修では、ワークショップを、「他者との相互作用の中で何かを創りながら学ぶ学校外での参加型学習活動」と定義します。
 1日目は、ワークショップ体験やワークショップの諸特徴の理解のための講義を経て、参加者それぞれの教育現場での問題意識や関心を題材に、個人でコンセプトを立案します。2日目は参加者が協働でワークショップを企画し、そのデザインに対して他者評価及び自己評価を行います。今回は、参加者の人数を限定し、講師からの講評を個別に受けながら、おのおのの教育実践に活用できるスキルを学びます。

詳細はこちら http://www.nkg.or.jp/wp/wp-content/uploads/2016/05/2016summer.pdf

**********************************************************
日時: 2016年8月25日(木) 10:00-16:30
    2016年8月26日(金) 10:00-16:00             
会場: 東京大学 駒場キャンパス KOMCEE West K303 地図・アクセス
講師: 森 玲奈(もりれいな)氏(帝京大学高等教育開発センター)
コーディネーター: 高橋薫,ヤン・ジョンヨン,保坂敏子(教師研修委員)
対象:自分の教育現場でワークショップの企画立案をしなければならない方。
応募の条件: 2日間全日程参加できる方。
定員: 25名(先着順) 
受講料: 一般30,000円/会員20,000円 (昼食弁当付)
参考文献: 
山内祐平・森玲奈・安斎勇樹(2013)「ワークショップデザイン論―創ることで学ぶ」慶應義塾大学出版会
内容: 予定のため変更することがあります。
◆スケジュール
1日目 10:00~16:00
10:00〜11:20 講師紹介・趣旨説明・ワークショップ体験
11:20〜12:00 ワークショップの企画と運営(講義)
12:00〜13:00 昼休み
13:00〜14:00 ワークショップコンセプト立案実習(個人)
14:00〜16:00 ワークショップコンセプト発表・講師講評・質疑
16:00〜16:30 関心の近い方同士でグルーピング・ディスカッション
2日目
10:00〜12:00 ワークショップ企画作成(グループ)
12:00〜13:00 昼休み
13:00〜15:00 ワークショップ企画案発表(グループ、コンペティッション形式)
15:00〜16:00 ワークショップの評価(講義)・リフレクション・質疑

■講師からのメッセージ 
最近何かと話題になることが多い「ワークショップ」、参加するだけではなく企画・運営・評価する中で、実践者自身が学ぶことの多い活動です。今回の研修では、皆様が今後ワークショップを活用されたいシーンについて伺い、それぞれのフィールドで活かせるような考え方や技術を学べるよう配慮します。皆様とお会いできることを楽しみにしています。

■講師プロフィール:森 玲奈(もり・れいな)
帝京大学高等教育開発センター講師。東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学、 東京大学大学院情報学環特任助教を経て現職。博士(学際情報学)。学び続ける人とそれを包み込む社会に関心を持ち、ワークショップ・カフェイベント・プロジェクト型学習の研究を中心に、生涯学習に関する研究と実践を続けている。2008年度日本教育工学会研究奨励賞受賞、2010年度日本教育工学会論文賞受賞。主な著作に『ワークショップデザインにおける熟達と実践者の育成』(単著、ひつじ書房)、『教育工学研究の方法』(共著、ミネルヴァ書房)、『ワークショップデザイン論—創ることで学ぶ—』(共著、慶應義塾大学出版会)などがある。

お申し込み詳細はこちらから http://www.nkg.or.jp/wp/wp-content/uploads/2016/05/2016summer.pdf

1 / 3123