お知らせ

【参加者募集】ライフシンキング・カフェ「コワーキングスペースがもたらす働き方・生き方」

7月25日(木)に、ライフシンキング・カフェ「コワーキングスペースがもたらす働き方・生き方」を開催いたします。

ゲストである松下慶太さん(実践女子大学人間社会学部准教授)は、スマートフォンやソーシャルメディアが普及したモバイルメディア社会における新しい働き方・生き方について考えていらっしゃいます。 近年は国内外のコワーキングスペースを視察され、特に働く(work)と休暇(vacation)を組み合わせた「ワーケーション(workation)」を中心に調査を行なっています。今回は、コワーキングスペースやワーケーションの事例もご紹介いただきながら、おしゃべりを楽しみましょう。

今回は会場として、ニコ設計事務所設計の「月の扉」をお借りして、家にいるようにくつろぎながら楽しめればと思っております。そのため、少人数の企画となっておりますが、懇親会まで含めお楽しみいただければ幸いです。今回の開催場所「月の扉」は、民家であり、持ち主の方が不在にされている3年期間限定で民泊やイベント活用として住み開きされているスペースです。本棚には沢山の興味深い本があります。家具も食器も暮らしがそのままに置かれています。

 

■日時

7月25日(木)

トークイベント:19時〜21時(18時半開場)

懇親会:21時から23時

 

■場所

月の扉(〒165-0026 中野区新井1-31-5

中野駅北口から徒歩10分「薬師あいロード」という商店街の中にあります。民家ですので看板がありません。お隣は和菓子屋さん、斜め向かいが味噌屋さんです。

■定員

12名

■会費

トークイベント:3000円(19時〜21時:2ドリンクとスナック)

懇親会:2000円(フード)+ドリンクはキャッシュオン

#申し込み時にご連絡いただければ領収書が発行できます。

#学生(大学院生まで、社会人大学院生含まず)の方で、会場設営や後片付けをお手伝いいただける方を2名限定で募集します。お手伝いいただける方は、トークイベント+懇親会を1000円でお楽しみいただけます。お席はキッチンや階段付近となりますことをご了解ください。

■ゲスト
松下 慶太(まつした けいた)
実践女子大学人間社会学部准教授 1977年神戸市生まれ。博士(文学)。京都大学文学研究科、フィンランド・タンペレ大学ハイパーメディア研究所研究員などを経て現職。2018-19年ベルリン工科大学社会学部テクノロジー&イノベーション部門客員研究員。専門はメディア論、若者論、学習論、コミュニケーション・デザイン。近年はソーシャルメディア時代におけるワークプレイス・ワークスタイル、渋谷における都市文化に関する調査・研究を進めている。著作に『デジタル・ネイティブとソーシャルメディア』(教育評論社)など。

 

■主催

ライフシンキング研究所(責任者:森玲奈・帝京大学学修・研究支援センター)

 

■後援

早稲田大学総合研究機構システム競争力研究所

 

■お申込み

お申込みは下記リンクからお願いします。

http://urx3.nu/A6Vz

【参加者募集】初年次教育勉強会(2/27)開催のご案内

この度、帝京大学の教員有志で、初年次教育に関する勉強会を開催することにいたしました。
学外の方にもご参加いただけます。年度末の御多用な時期ではございますが、お時間在る方はお気軽にご参加ください。

■日時
2018年2月27日(火)13時半~16時

■場所
帝京大学八王子キャンパス ソラティオスクエア S412教室
アクセス https://www.teikyo-u.ac.jp/access/hachioji.html

■参加費
無料

■お申込み
こちらのフォームからご入力ください。
https://goo.gl/RTbWdc

■内容
・主催より趣旨説明
・話題提供1:「初年次教育の現状と授業デザイン」村上正行(京都外国語大学外国語学部教授)
・話題提供2:「初年次教育における学生の自己調整学習を促すことを目指した授業―学生による目標設定と自己評価を取り入れた論証文課題の事例―」遠海友紀(東北学院大学ラーニング・コモンズ特任助教)
・総合討議:初年次教育のドロップアウトを防ぐために

■ゲストプロフィール
村上正行(京都外国語大学外国語学部教授)
専門は教育工学、大学教育学。博士(情報学)。京都大学総合人間学部卒業、京都大学大学院情報学研究科博士後期課程指導認定退学。2002年京都外国語大学外国語学部講師、マルチメディア教育研究センター准教授などを
経て、現職。大学教育におけるICTを活用した教育、教育データ分析、FDに関する研究に従事。
日本教育工学会理事・SIG委員長、教育システム情報学会社員など。
主な論文として「大学教育・FDに関する研究における教育工学の役割」(日本教育
工学会論文誌、Vol.36、No.3)、「映像シーンを用いた授業要約作成システムを活用
した大学授業の実践と評価」(日本教育工学会論文誌Vol.34,No.3)など。

遠海友紀(東北学院大学ラーニング・コモンズ特任助教)
関西大学大学院総合情報学研究科博士後期課程単位取得退学を経て現職。大学の授業デザインに関心があり、これまで、初年次教育の授業内で学生が目標設定をしてから課題に取り組む授業のデザイン・実施・検証などに取り組んできた。また、現在はラーニング・コモンズでの学習支援や学生スタッフの育成にも取り組んでいる。主な論文に「初年次教育における自律的な学習を促すルーブリックの活用」(共著、教育工学会論文誌)などがある。

 

■主催:帝京大学学修・研究支援センター准教授 井上義和 
     帝京大学学修・研究支援センター講師 森玲奈
■備考
本勉強会は、帝京大学高等教育開発センターが行う「SoTL助成プログラム」の支援を受け、実施します。この勉強会は、今後の研究活動のために録音・撮影される可能性があります。

■お申込み
こちらのフォームからご入力ください。
https://goo.gl/RTbWdc

【参加者募集|2/27開催】Edu-Lab Meeting「『趣味』と学びについて考える」

Edu-Lab Meetingは、学びにあふれた社会をめざし、フォーマル学習/インフォーマル学習を架橋する実践/研究について議論する研究会です。どなたでも参加いただけます。参加費無料です。ふるってご参加ください。

◆話題提供1:「趣味を深める共同体とネットワーク:オーケストラと写真の比較調査から」(杉山昂平:東京大学大学院学際情報学府博士課程)

◆話題提供2:「趣味を社会学する:数字とカテゴリー分析」(北田暁大:東京大学大学院情報学環教授)

◆開催日時:2018年2月27日(火)18時30分〜21時

◆場所:情報学環・福武ホールスタジオ1

http://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/access.html

都営大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩7分 東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅 徒歩8分

東京メトロ千代田線 湯島駅 徒歩20分 東京メトロ南北線 東大前駅 徒歩10分

◆定員:20名(先着順)

◆ゲストプロフィール

杉山昂平(すぎやま・こうへい):東京大学大学院学際情報学府博士課程在籍。文学部行動文化学科社会学専修課程卒。学習科学の観点から趣味を深める社会環境について研究を行っている。修士論文「アマチュア・オーケストラ団員たちの興味の深まり――余暇における追求と学習環境」が情報学環・学際情報学府専攻長賞を受賞。

北田暁大(きただ・あきひろ):東京大学情報学環教授。東京大学人文社会系研究科博士課程退学、社会情報研究所助手、筑波大講師、社会情報研究所助教授等を経て現職。博士(社会情報学)。社会学の観点からメディア史、メディア論を展開している。現在は、世紀転換期のアメリカ社会調査の歴史社会学的研究に取り組んでいる。著書に『責任と正義』『意味への抗い』『嗤う日本のナショナリズム』『社会にとって趣味とは何か』(共著)など。

◆申し込み方法

・氏名

・所属

・連絡先

・どこで情報を入手されたか

を、件名「Edu-Lab Meeting 申し込み」として下記アドレスにお送りください。

edulab.meeting【アット】gmail.com

(【アット】を@に変換して送信してください。)

◆主催:NPO法人 Educe Technologies

◆企画:森玲奈(帝京大学)+村上正行(京都外国語大学)

1 / 912345...»